2012/04/19

独立

いつかは事業で独立してみたい、という人は多い。
でも、「独立」 という言葉を、どういう意味で使っているんだろうか。
常々、判らなくなる。


持論。
本当の 「独立」 とは、世の中において 「他の誰一人も開発・供給していないような財やサービス」 の事業者になることでしょうね。
独占的な財やサービスを創造・開発・提供して、はじめて 「俺は独立した事業者だ」 と自己主張すべきでしょう。
で、一流のスポーツ選手や芸術家などは、すぐに 「独立」 することが出来るけれど、それは彼や彼女の技量が極めて複製しにくいオリジナリティとして完結しやすいからですよ。



かつて、「独立して釣具屋になりたい」 と始終ぶつぶつこぼしていた上司がいた。
「で、どういう釣り具を売るつもりですか」 と訊くと、「アメリカで売れている最先端のファイバーの釣竿などを、輸入するんだ」 と言う。
「それで、そういう製品をどうやって売るのですか」 と訊くと 「そんなの決まってるだろう、似たような店がたくさんあるところに出店すれば売れるんだよ」 と言う。
はーて、これで、どこが独立なのか。
そんなのは便乗事業者に過ぎず、市場における同業者や顧客の余計な手間を発生させるだけでしょうに。
むろん、値下げで踏ん張ればある程度までは売れるかもしれないけど、でも値下げ競争を続けたら模倣オンリーの事業者が先にくたばり、元祖・独立事業者は別の製品をすぐに出してくる。
自分だけの商材を新規考案し、自分だけで市場展開し、自らが元祖になって新しい風を興してこそ、独立なのでは。
まあ、そうはいっても、もちろん独立だけが能じゃありませんけどねー。
あっははは。
……と、言ってやったら、この上司は真っ黒な顔になって立腹していた。
それでも僕に指一本触れるどころか怒鳴り飛ばすことも出来なかったんだから、ダメなんだよな、ああいうやつは。

同仕様・同規格製品の競争相手がたくさん居るうちは、独立したことにはならない。
そんなもの、市場における 「複製・分業」 を請け負っているだけ、もっと現実的にいえば元祖・独立事業者の 「下請」 になっただけでしょう。
いくら稼ごうが、それを新規開発に回さないのなら、自分から新規産業や市場をつくることは出来ない。
どこが独立なのかしら。

だから 「独立」 なんて普通の才覚では出来ようはずもないのだが、それにも関らず往々にして 「独立しろ」  という声が企業内で横行することがある。
また、中途採用希望者どころか新卒の学生に対してさえ、こういうことを言ったりする。
その真意は、「あんたの給料は負担できない」 「社会保険も負担できない」 「あんたと一緒に居たくない」 ということでしょうな。
アメリカで 「独立」 という言葉が金科玉条のごとくもてはやされている(いた)のも、人種・宗教のるつぼであったことと大いに関係あるんじゃないのかな。
もし、ある労働者に圧倒的な創造力や供給力があったなら、そんな労働者にむかって 「独立しなさい」 などと言うはずがない。
「ずーーっと、一緒に、やろうよ、なんでも面倒みるからさ」 と言うに決まっている。
そう言われても独立するっていうのなら、見上げたもんだよ、尊敬するよ。

起業件数と法人税・所得税などの相関について、仔細に調べたデータがあれば、確かめてみたいもの。
日本の起業件数はけして少ないとはいえないけれど、それが税収とどう関っているのか。
かつ、独立支援に乗じてカネを貸しつけるのは、いい商売なのかな?
そういうことみんなふまえての政策・政党が、あるのだろうか?

それで、おまえは、なんなんだ?おまえは独立した大人と言えるのか?
…と、問い質されることもある。
今実際に僕自身が手がけている仕事について、こんなところで詳らかに記すことは避けるようにしているので、ぐっと抽象的に書く。

僕は、たとえばマンションや団地などで、未だ住人の居ない部屋を探し出し、そのドアの「鍵穴」 にぴったり合う鍵をなんとかつくりあげるような、そんな役回りが好きなんだな。
その鍵をもってドアをバーーンと開け放って、そこで僕の役回りはおしまい。
あとは皆さんで入室して、中で談笑するなり、仕事や研究を進めるなり、あるいは団結するなり陰謀を図るなり、好き勝手にどうぞ。
こんなたとえがすぐに浮かぶのは、子供の頃ずっと団地住まいだったからかな。
車道をブーーンと走っていても分からないのだが、マンションや団地を縦横に貫く小歩道を夜半に歩いてみれば、各部屋から漏れてくる温かな光がささやかな街路樹とのコントラストでちらついて、とても落ちつくもの。
あまりウロウロしていると、警察に通報されちゃうけどね。

随分以前から知り合いの女性がいる。
仮に 「ねこどん」 と呼んでおく。
「ねこどん」 は、僕がドアを開けるまではろくに近寄ってもこないくせに、ドアが開くとドタトタっと部屋に入っていく。
仕事を終えた僕が去って行っても、「ねこどん」 はほとんど意にも介さず、部屋にこもって紅茶を沸かしたり園芸誌を読んだりしている。
かなり育ちの良い女性なので、こっちにも不快感はない。
僕は夕闇の中、ちょっと離れた小歩道から、「ねこどん」 の部屋をそっと臨む。
やがて、ぽっと灯りがともるのを見届けて、僕は去っていく。
こういうのを独立精神というのかもしれないなあ。
ほとんど一銭にもならんかもしれんけど、でも誰かの為にドアだけは開け放ってやったわけで、かつ、誰の損失にもならず、貶めることもなく、諍いもない。
とぼけた喩えだが、でも少なくともここまで割り切れないのなら、独立なんかしないほうがよいでしょうなぁ。

以上

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、一方では通俗性を極力回避しつつ、論旨の明示性を意図して書き綴りました。

あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本