最新投稿

2015/05/29

有理化


「ねえ、先生、教えて欲しいことが有るんだけど ──」
「んーー?」
「なぜ人は人を好きになるの?」
「なんだって?また藪から棒に……さぁて、ね、そんなこと俺には分からないなぁ」
「ねぇーー、どうして?」 
「うーむ……ほら、たとえば、なぜ物質は反応しあうのか、っていう問いがあるだろう?でもこの問いに対しては、物質がそういう反応エネルギーをもともと持っているから、という答えしか用意されていないんだよ」 
「ふーーん。じゃあ人間の感情というものは、人体と物質の反応で起こるってこと?」
「まあな。あんまり面白くはないだろうが、そういうもんだよ。


「なーーんか、おかしいなぁ」
「何が?」
「人体と物質が、感情をつくるなら、どんな人間も同じ感情しか有しないことになるでしょう」
「それは、まあ…そういうことになるかな」
それじゃあ、どうして同じ人間がどんどん複雑な論理を作り上げてきたの?数学とか、法律とか」
「それはだね、同じ人間とはいってもみんなが同じ体質というわけではないから、感情だって実際は千差万別、それでいろんな論理が出来ちゃったんじゃないかな」
「へーー。じゃあ逆に、いろんな論理にもかかわらず、どうして人間は滅亡しないで続いてきたの?」
「難しいこと訊くんだな君は。えーーと、人間の論理がどんどん細かく分かれていって、それらがぶつかって割り切れずに無限小数みたいになると、審判員のような人が…いや、たぶん神様が現れて、どこかで論理がまとまるように調整しているんだよ。はっははは」 


「あっ!分かった!」
「何だ?何が分かったって?」
「シェークスピアのお話。ジュリエットが、『なぜあなたはロミオなの?』 って尋ねる理由が分かったの」
「ほう?」
「ジュリエットはいろんな論理で混乱させられていたから、神様に確かめているのね!私は本当にロミオが好きなのですねって」
「はっははは、面白いこと言うんだな。で、神様は何とおっしゃるかな?」
「おー、ジュリエットよ、汝の信じる通り、汝はロミオを愛しているのだぞ、っておっしゃると思う」
「なるほどね ─ それじゃあ、君の持ってきた問題はもう解決したようなもんだな」
なぜ、人は人を好きになるかってこと?」
「うむ。いいかね?誰かを好きになるという君の感情に、どんな論理をくっつけても、さらに神様が介在して、上手くまとめてしまうんだよ、分かったか?」
「うーん…分かったみたいな、分からないみたいな……あれっ?先生?どこ行ったの?…ねえ、せんせー、なんで急に消えちゃうんですかー?せんせーーっ、どこへ行っちゃったんですかー?ねえ!もっとお話したいことが有ったのにっ!」

おわり

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本