最新投稿

2016/10/31

理想的な経済システムとは

ふと思いついた問題。
『日本は長引く景気停滞にも関わらず、科学技術開発は進む一方であり、知的所有権にかかる収入も増えている。これはいったい何故か?
本問につき、たとえば学生にたずねてみると、一様に混乱した面持ちになり、判然とした回答はなされない。
そうだ、この問題は学生ふぜいには答えられぬものなのだ。
いや、女性たちにとっても回答しにくい設問であるといえよう。
だが、まともに頭を使って働いている男性なら、まあ概ね答えは分かっている。

========================================

① 或る経済ビジネスの系にあたったとき、我々はまず 『何が』 『何を』 『どうする』 『どうなる』 で分析するべきである。
『何が』 『何を』 としては、まずマテリアルを掴む ─ 無機物もあれば有機物もあり、天然物もあれば工業製品もある。
すると、それらの機能としての 『どうする』 『どうなる』 ロジックといえる ー 論理であり数学であり、運動であり反応であり、ソフトウェアである。

さて。
これらマテリアルロジックをもって、人間の経済行為の対象とする。
ならば、人間自身の経済行為はおしなべて何らかの 「創造開発」「供給」「消費」 として単純に定義出来、この連続サイクル(交渉)であることが分かる。
市場経済にて唯一の万国共通の大命題である需要と供給とは、これら 「創造開発」 「供給」 「消費」 の連続サイクル(交渉)における調整要素のことである。

いや、官僚などは 「消費」 だけじゃないか、というかもしれないが、冷静に考えてみて、「消費」 だけの職能が市場経済にて存続するわけがない。
女性はたいてい 『誰が』 『誰を』 から思考をスタート/リスタートする習性があるので、マテリアルロジックに対する探求が滞りがちになり、責任だとか謝罪などと空疎な罵り合いに陥りがち。
と、ここは笑わせて頂こう。

=======================================

② ここで、「創造開発」 「供給」 「消費」 の連続サイクル(交渉)とおいたのには、重大な意義がある。
理想的な経済システムは、宿命的な分業の細分化ではなく、むしろ連続的な協業の連続でなければならぬ。

そもそも、新規創造の意欲有る者たちが、ワーとかギャーとか意見交換し、試行錯誤を繰り返すうちに、新規の 「創造開発」 がおこる。
ここで新規に生まれ出てきたマテリアルロジックは、 「供給」 の段に至る過程にて、事業者内部および外部事業者との交渉が続く。
そこで、或るポーションは強力な知的ストックとして品質のフレキシビリティが重視され、更なる「創造開発」 の源泉となる。
一方、別のポーションは単純な量産フローアイテムとして 価格納期の効率化が追求され、大量供給と代金回収が最優先される。

さぁ、ここで交渉が止まりマテリアルロジック「消費」 がどんどん進むにつれて、ポーション別の分業化が徹底され、豊かな者は高く稼ぎ続け、貧しき者は安く駆けずり回るのであった、アーメン
…というのが、たぶん欧米型の経済モデル。
しかし。
理想的な経済システムというのは、「消費」 からまた新規のマテリアルロジックの 「創造開発」 が沸き起こるもの。
ここでまた、売り手も買い手も新たにワーとかギャーとか意見交換し、試行錯誤を繰り返す、そんな連続サイクル(交渉)としての経済システムが望ましいではないか。
たしかに、「供給」 の段にては、分業がいったんは固定化されるにせよ、「創造開発」 「供給」 「消費」 の連続サイクル(交渉)が永続するかぎり、分業は固定化しないだろう。

唯一、これらの連続サイクルを停止させ、交渉を腑抜けにして、分業を固定化させる要因があるとすれば ─ それはカネだけじゃないかな。
いや、カネそのものには意思など無いので、物価と所得を操作して連続サイクルを停止させる外部意思がどこかに在るのだろう。

===========================================

③ 以上が、理想的な経済システムについての極めて単純な一稿。
冒頭に挙げた日本経済システムの謎?についての、ひとつの見解たりうると信じる(信じたい)。

なお、とくに製造業に勤めて間もない人たちに、是非伝えたい。
マテリアルロジックの 新たな「創造開発」 は、けして単独の部門部隊のみにてなされるものではなく、だから「供給」の段にて分業化を固定化させてはならない。
開発・設計・製造・部材調達・営業と法務と経理と財務(と金融機関)、物流部門、さらに国内商社と海外代理店と調達パートナー、なにより顧客たち…すべてが、「創造開発」 「供給」 「消費」 の連続サイクル(交渉)の担い手たりえれば、最高である。
たしかに、電気メーカの営業部長のくせに電池の基本も理解出来ず論理回路をいつも読み違えるような、そんなアホだって残留している、が、そんなおかしな思想信条の連中が居座っているような企業が、まともな経済システムにおいて存続するわけがなかろう。

以上

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本