最新投稿

2016/12/25

ラヴレター

「やぁ、こんにちは!今日はどういったご用件で?」
「はい。じつは、この手紙について、ご相談申し上げたいことが」
「ちょっと拝借 ─ ほぅ、手書きの手紙ですね。これ、読んでも構いませんか?」
「はぁ、どうぞ」
「それでは。えーと…なになに?…貴女が好きです?へぇ、ずっと以前から…ふんふん…貴女は小さなピアノのよう…ははん…僕は貴女の鍵盤になりたい…ははははっ、いや、失礼。しかし、これは面白い、はははは」
「そうでしょうか?あたしは、どうも腑に落ちなくて。だって、この手紙には差出人の名前が無いんですよ」
「へぇ? ─ あぁ本当だ、住所も連絡先も記されていませんね。郵送の消印も無い」
「それ、郵便じゃないんです。じつは昨晩のことですが、仕事帰りのあたしの鞄の中にその手紙が紛れ込んでいたんですよ。ヘンな話でしょう?」
「……うーーーむ。もしかしたらですが、これは内気な男の悪戯かもしれません。しかし、自身の筆跡を残しているあたり、なかなか楽しいことをする奴じゃないですか。サンタクロースみたいで。はっははは」
「あのぅ、あたし、その筆跡に心当たりがあって」
「ほぅ?筆跡に、ですか?」
「以前からの知り合いの男性のものに、すごく似ているんです」
「ははーーん?それじゃあ、その彼が、貴女に忍び寄って、そっと、この手紙を」
「でも…やっぱり、あたし、その手紙の主が許せなくて」
「えっ?許せない?ど、ど、どうしてですか?」
「だって、あたしの名前さえもぜんっぜん記されていないんだもんっ」
「あっ!しまった!」
「ねえっ!もう、いい加減にしたらっ?それ、あなたが書いたんでしょう?だって、あなたの筆跡にそっくり!文体も!ねえ!その手紙を何通も書いて、いろんな女性宛てに片っぱしから届けたんでしょう?!」
「……」
「いったい、どういうことなのよっ? 『内気な男の悪戯かもしれません』 て、何事なの?なにがサンタクロースよ!?ああ、あたし、ぜったいに許せない!」
「……たしかに、これは僕が書いたものです。僕なりの誠意を込めて、手書きで綴ったんですよ。そして、そしてですね、そのことに気づいてくれたのは、貴女だけなんですよ。だから、だから…」
「だから、なに?もう、あなたは一生許さないから!二度とこんな悪戯が出来ないように、あたしはあなたのピアノになって、あなたに毎日同じ曲を弾いてもらうことにするから!さぁっ?返事はっ?」


(おわり)

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本