2015/05/14

エントロピー



「先生!お願いがあります!」
「んーー?」
「あのっ、来週の陸上競技大会で、あたしが絶対に優勝出来るように、魔法をかけて下さい」
「なんだと?…どうして俺にそんなことを頼むのか?俺は魔法なんか知らないぞ…」
「嘘っ。先生は以前に、『森の魔女』 から魔法を伝授されていますよね。あたし、ちゃんと知っているんです。だからお願いします、先生の魔法で、あたしが大会新記録を出して優勝出来るようにして下さい!」
うーむ…そんなこと言われてもなぁ…どうしたもんかな…?おい、君はいったいどうして魔法に頼りたいんだ?大会で優勝したいのなら努力すればいいじゃないか」
「努力だけでは、間に合わないんです!どうしても今度の大会で新記録を出して優勝しないければならないんです!だから、魔法を」 
「間に合わないって、何が?何に?ん?」
「……じゃあ、先生にだけ本当のことを言います。実は……」


「う~む。要するに君は、今度の陸上大会において、ご家族の皆様がご覧になっている前で新記録を出して優勝したい、ということだね」
「そうです!今回だけでいいんです!先生、お願い。あたしに魔法の翼を下さい!飛ぶように疾走したいんです!」
「君の気持ちはよくわかった……うむ、魔法をかけてやってもいい。ただし、だよ、あらかじめ一つだけ大切なことを言っておかなければならない」
「えっ?…なにか、よくないことが起こるんですか?」
「いいから、とりあえず聞け。あのね、確かに君は魔法の力によって、とてつもない記録を叩き出して優勝出来るだろう」
「ハイ、それだけでいいんです」
「だが、この魔法は、君が周りの世界よりほんの僅かだけ速く駆け抜けるように作用するんだよ。その一方で、競争相手はもちろんのこと、ご家族の皆さんも、そして僕も、つまり世の中のみんなが、君より少しだけ遅れた状態に留まることになるんだよ ─ さぁ、どうするかね?」
「……ああ、そういうことだったんですね。でも……それでいいんです、あたしはもう覚悟を決めました。だから、魔法をお願いします」
「だが、一度かけた魔法は、もう復元は出来ないんだぞ」
「構いません。さぁ、あたしの背中に翼を」 
「うむ」 


「あっ!先生、こんにちは」
「よぉ、君か。昨日の陸上大会は ─ 」
「凄かったなぁ、って言いたいんでしょ。でもなんというか、実感としては、もうすっかり遠い昔のことみたいで」
「ははは、そういうものかな。まあ、ともあれ ─ 」
「ご家族の方々も大喜びだっただろう、って訊きたいんでしょう?もちろん、うちのみんなは喜んでいますよ。まぁ正直なところ、辛く悲しい気持ちも有ったんですけど、でもなにもかもが間に合って、ホント、これでよかったんです」
「うむ……まあ、それはともかくとして、なぁ、君は ─ 」 
「後悔は無いのか?って訊きたいんでしょう。そうですねぇ、あたし、賢くなったというか、悟りきった感じなんですよ。こういうのが成長ということなのかなって、実感しているんですよ!」
「ああ、そうか、成長か。なるほどね…ただ、俺が言いたいのはね ─ 」 
「もう魔法には頼ってはいけないよ、っていうことでしょう?ふふふっ、先生の言いたいこと、全部分かっちゃう。もちろん、もう魔法には頼りませんよ、だって、ちょっと失礼かもしれないけど、なんだかもう先生のお話にも魔法にも飽きちゃったから」


おわり

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、一方では通俗性を極力回避しつつ、論旨の明示性を意図して書き綴りました。

あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本