最新投稿

2015/08/03

夏休みの高校3年生へ (2)

(1)に続けて、やや長尺な思考を求めるパズルをあげておく。
小一時間で片付ける学校の勉強ではなかなか取り組めない、大胆な思考トレーニングのつもりだ。
では、(1)と同様、執着心をもって取り組んでみよう。
数学現代文それぞれ、今回は解答制限時間を120分とおいてみようか。

=====================================================

数学編

怪盗紳士アルセーヌ=ルパンからの犯行予告が、パリ警視庁に届いた。
ざっとこんな内容である。
8月の15日から31日まで、いずれかの日に、かねてから狙っていた黄金のピラミッドを奪うことにした。僕が設定したこの決行予定日を他人が事前予測することは絶対に出来ない。犯行当日にいくら対処しても手遅れだよ」
これを読んだ警視庁の名警部ガニマールは、フンと鼻を鳴らして、言ってのけた。
「ルパンもバカだなあ、この文面からして、我々はやつの犯行予定日を必ず事前予測が可能だよ
えっ?それはなぜ?と訝し気に騒ぎ立てる周囲を制しつつ、ガニマール警部は以下のように説明した。

いいかね、話はじつに簡単なことだ。
仮に30日までルパンが犯行に及ばなければ、犯行は31日になされるに決まっている、つまり我々は30日の時点でやつの犯行予定日を事前に予測出来るじゃないか。
さらに、この仮説が真と仮定した上で、29日までに犯行がなされなければ、やつの犯行予定日は30日しかない、と、これまた我々は29日の時点で事前予測出来ることになるね、さらにここまでの仮説に則りつつ、28日までに犯行がなされなければ、やつの犯行予定日は29日だと、これまた我々は28日の時点で事前予測が出来る。
もう分かったと思うが、こうしてさかのぼって推論していけば、8月16日の犯行予定を我々は8月15日には事前予測出来ることになり、ゆえにやつの犯行予定日は8月15日しかない…つまり我々は必ず事前予測が出来るということになるのだよ。

「いや、あなたは間違っていらっしゃる。その予告状だけからルパンの犯行予定日を事前に予測することなど出来ませんよ
とつぜん割って入った声、それは、たまたま英国から招聘されていた名探偵のシャーロック=ホームズであった。
_  _  _  _  _

さて、ガニマール警部とシャーロック=ホームズ、どちらの言い分が正しいのだろうか?
根拠も併せて書きなさい。


==================================================

現代文編

以下の単語を最低1度は必ず用いて、「800語」程度であなたの主張とその論拠を一貫させた文章を作成しなさい。

能力/経験/効果/善悪/信念/責任/予測/観察/統計/認識/物質/現象/反応/風流/快楽/怪異/怒り/恋愛/ケンカ/チーム/文芸/スポーツ/哲学/記号

注:
・句読点の数は問わない。
・たとえば「責任」を「責任者」のように合成語とすることは可。
・相対比較表現にて、○○は嫌いとか分からないなどという排除的な論旨展開も可だが、その論拠は必ず一貫性をもたせること。

※ヒント、具体的な体験に則って文脈づくりを決めつつ、ヨリ抽象的に奥行をもたせれば書きやすい。

========================

以上の解答案は;
http://timefetcher.blogspot.jp/2015/08/blog-post_94.html


謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本