最新投稿

2018/05/28

英語は理科で出来ている? その2

理科で引用される英単語を眺めていると、ときおり考えてしまうこと。
そもそも、単語概念の中に、本源的に科学的思考が宿っている(いた)だろうか?
いや、科学的思考や実践を通じてこそ、現代的な単語概念が定まっていったのではないか ─ とりわけ英語やフランス語やドイツ語はそうではないしら。

もちろん、こんな程度のことは、ちょっとした製品技術の提案活動に従事してみれば気づいてしまうもの、だから(学生以外の)読者もふむふむと同意してくれるものと思う。

とくに、'power(力)' , 'work(仕事)' , 'energy(エネルギー)' について。
これらは、我々日本人にとってさえも最も汎用的な語彙であるが、しかし汎用的になったのは語源がそうさせたのではなく、科学的思考の基本を成しているからだろう。

==================

以下、おおむね電気分野にて、上の単語概念について整理してみた。
とはいえ、まず物理学上の「力」は'force'から考えた方が釈然とする ─ 力学の基本式f=ma におけるfである。
'force'つまり「力」とは何らかの実体の「数量」であり、物理学一般には、なんらかの物体の運動状態を変える大きさと向きとして、ベクトルで表す。

電気における「力」の実体を、数理表現する。
まず、帯電体における電荷(charge)の「電気(素)量」がわかっており、それらがもつ「(静)電気力」を、それらの距離と素材属性の相関から、クーロン「力」として定義。
とりあえずはこれを計数可能な「力」の最小スケールとしておこう。

導線の中を通過していく「電荷」の「電気量」を、時間あたりで「電流(electric current)」と数理表現する。
もちろん電流は速さを変えることが出来、強度(intensityないしstrength)も変わり、これつまり、一定時間あたりの「電荷」の「電気量」による「力」が変わるということ。
この速度変化は、便宜的に力学上の「変位」の概念(知ってんだろ)を導入して、或る「電位(potential)から別の電位へと距離/位置を移動するものと見做し、この電位間の格差を数理上とくに電圧(voltage)という。
ここまでざーっと考えて、電流を変え、また電圧も変えて、「電荷」の「電気量」による「力」つまり'force'を変えることが出来る。

電気回路にては、必ず何らかの消費抵抗(resistance)物体が在り 、電気の「力」がその消費抵抗を発熱させたり発光させたり動かしたりする。
一般に、或る無秩序の系に「力」がはたらきかけて成す発熱だの駆動力だのの秩序活動を、'work'とつまり「仕事」と称す。
数理上は、「仕事」は力x移動距離としても表せるし、熱量としても表せる。

'force' のうち、仕事'work'を成す時間あたりで割った「力」を、とくに'power'と称している。
数理上は「力(force)」 x 「移動距離」 /時間で表現し、電気の単位系としてはWワットを使っている。

'work' に実際に投入される前の状態における、「力(forceや'power'」を、'energy' つまりエネルギーと称す。
'energy' の存在形態はさまざまで、どの程度まで 'work'に投入できるかが仕事効率として定義される。

…さて、如何であろうか?
物理系(とくに電気系)について概観しただけでも、'power', 'work', 'energy'本源的に完結した概念ではなく、距離と時間での積算ないし除算の基本概念、つまり次元を増やしたり減らしたりする基本概念であることが分かる。

ここから更に飛躍的に察すると、どうも、英米人の思念というものは、さまざまな根元思念の積算や除算によって組み上げられているような。
それは原子論に始まり…と割りきるつもりはないが、ともかくもさまざまな英単語が複合的に組み上げられてきたものであれば、単語1つ1つについて単純な品詞ラベリングなど出来そうもない。

※ なお、ここまでの雑記では、電荷の斥力や引力(±)も電磁力うんぬんも全部すっとばしているが、物理の教科書にちゃんと載ってるから勉強するがよろし。
なお、電気量(素量)や電流値や熱量などの間にて、どの単位を実測値とし、どの単位を論理表現とするか、テクニカルな精査が続いている ─ 新単位系の問題。
http://timefetcher.blogspot.jp/2017/05/blog-post_27.html 


==================

さて、高校物理の教科書には以下の英単語もワンサカと載っている。
品詞分類など意識せずに抜粋してみた。
  • body : 物体
  • mass : 質量
  • volume : 体積
  • capacity : 物質やエネルギーの「容量」をさす。
  • conservation : エネルギーの「保全」のこと(日本語では保存という。)
  • conduct : 電気や熱を「伝導」すること。
  • carrier : 電荷を伝導する荷電粒子(電子など)のこと。
  • motion : 物体が位置を変えていくこと。一般に物質の「運動(振動)」のこと。
  • momentum : 運動量のこと。
  • induction : 「電磁誘導」のこと。なお論理学や数学では特に帰納を指し、演繹(deduction)の一部にして逆概念でもある。
  • field : 「電界、磁界」などの「場」をさす。(工場の工程にては電場ともいう。)
  • gravity : 物体間の「引力」のこと。天体の引力をとくに「重力」ともいう。
  • resilience : 「斥力、反発力」のこと、とくに電荷の斥力はrepulsive forceともいう。
  • generate : 外部で電流を起こすこと(発電)。一般に、何かを生み出すこと。
  • circuit : 回路、循環のこと。経済学やビジネスでも同旨。
  • convert : AC→DCに変換すること。一般に方式や用途の変換を指す。
  • invert : DC→ACに変換すること。パワーエレクトロニクスと相まって発展してきた技術である。
  • excite : 電子を高エネルギー状態に励起すること。
  • ground : 「力」「運動」の基底のこと。
  • velocity : 物体がベクトル移動する「速度」のこと。
  • speed : 物体の或る瞬間における移動「速度」のこと。
  • frequency : 物体の振動数のこと。
  • cycle : 物体の運動周期のこと、'period'も同義で使われる。
  • load : 物体に負荷をかけること。
  • stress : 物体に圧力をかけること。
  • friction : 物体同士の摩擦のこと。
  • efficiency : 「力」の効率のこと。
  • constant : 定数のこと
  • index : 或る入力に対する出力偏向率のこと
  • defect : 物体における物理的欠損のこと
これらの基本概念および次元の複合を理解すれば、起用すべき動詞として例えば 'turn', 'drive', 'act', 'gain', 'lose', 'feed', 'run', 'raise' などなどを閃くのではないかな。
前置詞もだ。

以上
(こんなものをまとめているうちに、なんというか、大抵の理系分野の論文などを僕なりにスラスラと英訳出来るような気がしてきた。)

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本