最新投稿

2016/11/27

リアル・ディール

男子諸君。
君たちは、ボクシングの世界チャンピオンになりたいか?
それとも、ハリウッドのトップスターになりたいか?
どちらを選ぶ?
こう問われると、ほとんどの男子はハリウッドスターになりたいという。
理由は簡単、お父さんに頬ずりされ接吻されながら育つ男子がものすごく多いからだ。
うふん。
よーしよし、君は可愛い子だ。
あはん。

おふざけは、もういい。
さぁ、聞け。
ここの地下室に、ボクシングリングがあるんだ。
そこでは、おまえのよく知っているお父さんが、いや ─ 実は今までおまえが逃げ続けてきた本当のお父さんが、ひとり汗を流している。
もしかしたらおまえが降りてきて、リング上で相対してくれるのではないかと、かすかに期待している。
かすかに期待しつつ、おまえをブッ飛ばすために、残酷な筋肉をギリギリ研ぎ澄ませながら、もっと残酷な拳をかすかな慈悲のグローブで容赦しながら、おまえを待っている。
瞬発力と加速度でシューズをスパークさせながら、猛獣のように無言の吐息をこらしながら、おまえがリングに降り立つのを待っているんだ。
さぁ、どうする?
戦うか?
それとも、やっぱり逃げるのか?

ほぅ?
ファンが見届けてくれるのなら、戦うってか?
彼女が応援してくれるのなら、戦うってのか?
それがおまえのモチベーションだと?
頭悪いのかよ、おまえよ。
いいか、そんな半端な見栄で粋がって、ひとたびリングに立ってみろ。
いよいよ逃げ道が無くなるどころか、もはやファンの前でも彼女の前でも、何のエクスキューズも成立しないんだぞ。
そうやって自ら選択肢を狭めつつ、いざゴングが鳴ってしまったら、お父さんお父さんとむしゃぶりついて許しを斯うつもりだろうが、甘い甘い。

さぁ、どうした。
戦うのか、逃げるのか。
とっとと決断しろ。
女の子だって、自己の宿命に対して、もっと潔いぞ。
ふん!
ま~だ考えていやがる。
おい!もう考えるのはよせ。
考えてばかりいる卑怯な男に、ろくな知恵なんかありゃしないんだ。
男はな、メチャクチャにブッ飛ばされてから、はじめて本当の知恵が付くんだ。

分かってるんだろう。
話はもう、決まってるんだ。
さぁ、行ってこい。
行け!
彼女もファンも見守ってくれない、たったひとりのおまえ、一世一代の勝負、待ったなし。
リングに降り立って、お父さんと、そう、おまえの宿命と正面から対峙しろ。
お父さんはきっと、顔をくしゃくしゃにして、うっすら涙を浮かべつつ、最大限の歓喜をもって、おまえを足腰が立たなくなるまでブチのめしてくれよう。
そうやっておまえは、前後不覚のズタボロになって、やっとおのれのリアリティを呼び醒まし、おまえのさだめを思い出すんだ。
それは ─ それこそが、お前に突きつけられた、たった一つっきりの人生という崇高なビジネスだ。
清算せずともよい、いや、清算なんか出来っこない、堂々と踏み倒すべき、血潮に染まった帳票だ!


おわり

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本