最新投稿

2015/04/16

たいやき

※ 本編は何度も掲載したり消したりを繰り返しておりますが、読者の方々からちょっと気の利いたアイデアを頂くたびに、僕なりに改編を繰り返しているためです。とりあえずまとまりました。

=   =   =   =

その街では仕事が早く終わったので、目抜き通りをしばらく歩き、アーケード街を巡ってまわり、ちょっとした探索の小一時間を過ごした。
そんなそぞろ歩きのうちに、気になっていた空模様がいよいよ怪しくなり、やがてザーーッと猛烈な雨が滝のように降ってきた。
たちまちのうちに物凄い雨量となり、あわてた僕は雨宿りの場所を探してバシャバシャと走り続けた。
大通りを疾走しつつ、ふと見やれば、オフィスビルの間にやや斜に挟まったようなかたちで、小さな入口を構えた一軒の喫茶店があった。
ほぅ?こんなところに…
やれやれ、ひとまず助かったと、その入口ドアを開けてくぐり込むように中へ歩み入ると、薄暗い店内には誰もいない。

…と思ったら、奥の戸が開いて、若い女子店員がひとり出てきて明るい声でいらっしゃいませと。
その女子店員は、その、ハッキリ言えば僕の好みで、眉毛がくっきりして鼻筋も高いまん丸顔で胸のかなり大きな娘であった。
ずぶ濡れになっていた僕は、彼女の太陽のようなニコニコ顔にほっと救われた気分になり、コーヒーを、ああ、いや紅茶がいいな、と息せききって話しかけていた。
するとその娘は、僕の様子がおかしかったのだろう、一瞬だけクスッと笑い声を挙げ、それでもすぐに真顔にもどると奥に引っ込んで、3分もするとあったかな紅茶をもってきてくれた。

実はその時、僕はカバンの中に「たいやき」を2つ入れていて、もともと自分で帰宅後に喰うつもりだったのだが、ふっと閃いて、さっきよりも気取った声で、なぁ君はたいやきは好きかね、よかったら1つあげようかとその娘に訊いてみた。
するとその娘が訝し気に、ワァーそれはいったい何ですか?と尋ね返すので、おや君はたいやきを知らないのかね、この先の○○堂で買ったものでとても美味しいよと言ってやると、有難うございまーす私はお腹が空いていたんですよ、そうかいそれじゃあ召し上がれ、では失礼してここで頂きまーす、ぱくぱく。
それからその娘と二人だけで、小一時間は談笑していただろうか、じゃあまた来るからね、さよならと言いおきてその喫茶店を出た。
ふと気づいてみれば、さっきまでの土砂降りはうそのように止んでいて、空には虹がうっすらと見てとれたのだった。

「─ とまあ、だいたいこんな感じで、なかなか楽しい喫茶店だったよ」 と、僕は高橋に教えてやった。
「なんというか、本当に太陽のような娘でね、屈託がなくて、目が綺麗でね」
「へぇ、そうかい」 と高橋は羨ましそうに話を聞いていたが、やにわにすっと立ち上がり、「じゃあ俺も今度その喫茶店に行ってみよう!」 とつぶやくのであった。

しかし。
翌週のこと、高橋が僕のところへ不機嫌な顔で詰め寄ってきた。
「おい、山ちゃん!おまえの言ってた喫茶店、俺も行ってみたんだけどなぁ」
「丸顔で胸の大きな可愛い娘がいただろう?」
「とんでもない!正反対のぶっさいくな女だったぞ!」 高橋が少しだけ声を荒げていた。
「それは残念だったなぁ、きっと曜日が違うんだよ」
「山ちゃんは何曜日に行ったんだ?」
「エート、ああ、水曜日の夕方だった」
「俺だって水曜日の夕方に行った!なあ、山ちゃん、また作り話と違うのか?」
「いやいや、本当の話だよ ─ なんだおまえ、怒ってんの?アハハハハ。なあ、おまえ 『たいやき』 を持って行かなかっただろう?ダメだよそれじゃ。あの喫茶店の娘はね、○○堂のたいやきを持っていかないと、きっと出てこないんだよ…つまり、だ、新たな出会いというものはすべて素材とタイミングで決まるってこと。イヴにリンゴを食べさせるようなものだ
「ふん、そういうものかね」
「そういうものだ。それから、どうせなら土砂降りの雨の日の方がよさそうだぞ」
「よし、わかった」

そして、次の水曜の午後。
本当に土砂降りになった。
高橋は居てもたってもいられぬ風情でちょっとイライラしていたが、やがてダッと立ち上がると会社を出て行った。
よし、そうこなくっちゃ面白くない、と僕は内心で小躍りし、そーっと高橋を尾行することにした。
横殴りのような激しい大雨の中、高橋は○○堂に足早に入っていくと、やがて紙袋を小脇に抱えて出てきた。
「あっ。あの馬鹿、ホントにたいやきを買ってやがんの、アハハハハ、しかもあんなに一杯」 と僕は忍び笑いを浮かべながら、更に高橋のあとをつけた。
高橋はいよいよ小走りになり、ずぶ濡れのスーツもなんのその、たいやきの紙袋を提げながら例の喫茶店に向かう。
そして、その小さなドアを開けて…。
一方で、僕は道路の反対側にあるホテルの食堂から、喫茶店の様子を観察することにした。
小一時間、いや、もっと経ってからだろうか、いつまで経っても高橋が出てこないので、僕はホテル食堂をあとにしたのだが、空はまさにウソのように晴れ上がっており、太陽が文字通りサンサンと照りつけて、僕は汗だくになりながら帰路についたのであった。

翌日、高橋が出勤してこないので、僕は上司に事の顛末を話してみた。
上司は黙ってうんうんと首肯を繰り返しながら僕の話をひととおり聞くと、よーく分かった、もうこの件はいいと言ってとりあえず詮索は終わった。

高橋が依然行方不明のまま、また一週間が経ち水曜日となった。
今度も、雨が降っていた。
なんと今度はこの上司が動いたのであった。
僕の尾行にも気づかず、上司は○○堂に駆け込むと、もう両脇に大きな紙袋を二つも抱えたまま出てきて、もちろん中にはたいやきがぎっしりと入っていることは言わずもがなだが、そのまま驚くほどの駆け足であの喫茶店に入っていった。
僕はまた道路の反対側にあるホテルの食堂に入って、あの上司がどんなツラ下げて出てくるかと、ほくそ笑みつつずっと待っていたのだが…

ほどなくして雨がぴたりとやみ、うって変わって驚くほどの晴天となり、太陽は容赦なくギラギラと照りつけて、とてつもない猛烈な熱気がホテルの中にまでたち込めてきた。
と、思ったら、喫茶店のドアが中からどかーーんと打ち破られて。
それは巨大な尾びれであった…あっ!と僕が固唾を飲む間もなく、隣接するオフィスビルをもたちまちバラバラに倒壊させて、そのとてつもなくでっかい「たいやき怪獣」の恐怖の威容が、真っ白な灼熱世界にどどーーんと現れたのである。
ほんの暫くの間、なにか焦げ臭いにおいが伝わってきたかと思えば、バチーン!バチバチバチ!といたるところから爆裂音が聞こえ、たいやき怪獣はもう大通りにででーーんと躍り出てくると、ブスブスとくすぶっている自動車やバスをどかんどかんと弾き飛ばしながらこちらのホテルの前までずいっずいっと這い寄ってきて、それから窓越しに僕をぎろりと睨んだ。

そうか!あの娘に最初の1匹を喰わせたのが間違いだったのだな!と僕は手で膝を打ったのだった…。
こうやって新たな邂逅が起こり、新たな秩序が始まってしまうのだなァと、僕は不思議な感慨にとらわれながら空を見上げたのだが、ぞっとするほどつきぬけた青空にはもう一点の雲も無く、残酷なまでにギラついた太陽はいよいよ容赦なく僕の身体をカラカラに渇水させていた。
だから、たいやき怪獣がバリバリバリと襲いかかってきても僕は涙どころか冷や汗の一滴すら流れることはなかった。

以上

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本