最新投稿

2018/07/01

自由形


小学校の3年生だったか、ハッキリ覚えていないが、或る体育大学に併設されたスイミングクラブに通っていたことがある。
インストラクターは女性が多く(おそらくこの体育大の女子大生たちだったのだろう)、プールサイドでの準備運動の指導からしてなかなか厳しいもの、僕らがいい加減な態度で臨んでいると、彼女たちがいわゆるビート板で僕らの背中や尻をバシーーーンと引っぱたく。
こらっ!ちゃんとやれっ!
(この頃から暫くの間、女子大生がおっかなくて堪らなかった。)


=============

僕ら、と記したが、このスイミングクラブへは学校の級友2人と連れだって通っていた。
土曜日の午後に設定された練習コースを選択、1時間だか90分だかが割り当てられていたと記憶している。

なにしろ小学生のころの思い出ゆえ、ところどころがバラバラかつ曖昧であるが、やはりうすぼんやりと思い出す限りでは、クラブに入った最初の段階にてははオレンジ色のスイミングキャップを支給されていた。
僕たちはこのオレンジ色のキャップを着用して、いわゆる本当の初心者からスタート。
俗にいうバタ足の練習から、バタバタバタ…、ダメダメ姿勢がなってないなどと女子大生インストラクターの叱責の声、そして、僕らの頭をビート板でバシンバシンと。
そんな初心者段階の僕らにとって、最初の関門は、クロールで25mの完泳である。
これを突破すれば、いわゆる進級を成し、あらたに背泳ぎのクラスに編入、この背泳ぎクラスの証が、緑色のキャップであった。

さて、或る土曜日の進級テストでのこと。
一緒に通っていた級友2人が、立て続けにクロール25mを完泳し、背泳ぎクラスに進級を果たし、見事に緑色キャップを掌中におさめたのである。
このとき、僕だけが完泳出来なかった。
相変わらずのオレンジ色を握りしつつ、子供ながらに歯ぎしり、悔し涙すら湧いてきて、思えばこれが僕なりに初めて体験したいわゆる敗北であり格差感覚であった。
これ見よがしに緑色キャップをひけらかすこの2人の級友がもう憎くてたまらず、学校でもろくに口も聞かなくなるほどで。
とはいえ、そんな緊張関係も数週間のこと、やがて僕もクロール25mを完泳して、念願の緑色キャップを…

こんなふうに、クラスが進むとともにキャップの色も変わってゆき、平泳ぎクラスに進級すると青色のキャップ、バタフライのクラスに進級すると赤色のキャップが支給され続けた。
そういえば思い出したが、級友のうち1人がバタフライクラスへの進級を断念して、クラブを休むようになった。
僕は心中で喝采していた ─ あいつは負け犬だ、逃げたんだ、僕はバタフライクラスへの進級も果たし、まだ踏みとどまっているではないか。


============

これで、僕のささやかなライバルが定まった。
もう一人の級友であったMくんである。
Mくんはバタフライクラスへの進級も僕よりちょっと早く、筋もよかったのだろうが、同時に年齢不相応ななかなかの策謀家でもあった。

どんな態度で水泳に挑もうとも、進級テストは必ずやってくる。
テストの直前になって、Mくんが小声で僕に打ち明けることには、 「バタフライまでは、なんとかなる。でもこの上の級はキツイぞ。なあ、このあたりでしばらく遊んでいようよ」
「いやだよ、せっかくやる気が起こっているんだから」 と僕は答えた。
「タックンは物事を深く考えないんだな、だから上達しないんだよ」 とMくんが偉ぶった口調で続けた。
おまえだって俺と大して変わらんじゃないか…と、カッとなりつつも、僕は皮肉をこめて言い放ってやった 「何度考えても、出来るものは出来るし、出来ないものは出来ないんだ」
それから、僕は進級テストで「いの一番に」バタフライ25mに挑み、これをやってのけた。
(そういえば、数字の1を自分なりのラッキーナンバーと見なすようになったのも、この日からだったような気がする。)
この時、プールサイドで待機していたMくんはちょっと驚いたふうに僕を見つめていた、が、やがて自分の番となると、どこからそんな力が湧いて出てきたのか、豪快なバタフライで泳ぎきりやがった。
そして、はぁはぁ息せき切りながらも、僕を睨み返し、さぁどうだお前なんかには負けないぞと云わんばかり。

僕とMくんは揃って、更なる上のクラスに駒を進めた。
いよいよここからが、複合種目のクラスである。
これまたうろ覚えだが、おのれの得意な泳法で50mを泳ぎきること、それから、それぞれの泳法にて25mx4の個人メドレー、などなどが次なる課題であった。


==========

練習を続けつつ、またまた進級テストの日がやってきた。
Mくんがまたもや策謀家ぶりを発揮し、小声で僕に囁いた。
「今日のテスト、受けるのやめようよ。もしも合格してしまったら、次からはいよいよ厳しい練習に突入することになるよ」
「そんなことは受かってから考えればいいんだ」 と僕はうそぶいた。
「あっそう。ともかく俺はテストは受けない」 とMくんがふてくされたように言う 「俺だって50mを泳ぐ自信はあるけど、身体がばらばらになりそうだよ。もっと力がついてから受けることにする」
じっさい、僕だって50m完泳は辛かった、しかし迷いは無かった ─ 出来るものは出来るんだ。
結局、Mくんは棄権し、僕はまたも「いの一番に」テストを受けて、颯爽と自由形、我ながらびっくりするほどの快泳で50mをあっさり泳ぎ切っていた。
Mくんが呆れたように僕に呟いた 「タックンは贅沢な性格だなあ」
「贅沢って、どういうこと?おまえの考え方こそが贅沢だろう」 と僕は反論していた。

こののちも、僕とMくんはさらに暫くの期間このスイミングクラブに通い続けた ─ はずなのだが、どうもハッキリとした記憶がない。
いつしか、僕たちは個人メドレー100mをこなせるようになっていたし、キャップの色はすでに純白でつまり小学生の最高クラスだったか、カラフルなゴーグルを装着して、水中ターンも華麗にこなしつつ…それでも、いつしか2人ともどもクラブを辞めていたのである。


==========

ついでに。
中学生になってからのことだが、僕は夏休み期間にほぼ毎日のように学校のプールに足を運び、よく泳いだものである。
時おり現場監督に現れる美人教師から 「山本クンは頑張るのね」 などと褒められたのも嬉しくて、友人たちともども大いに意気高揚、しかも体力あり余ってふざけあい、空中回転跳びこみや潜水レスリングなどなど。
さらに、更衣室でタバコを吹かしてみたり、と。
或る日のこと、おそらくは僕たちの所業を見かねたであろう彼女の報によって、敢然とプールサイドに登場したのが、精悍な体育教師男である。
「何をやってんだオマエたちは!学校内で悪ふざけは許さん!」 と怒鳴り声、僕たちの顔面にバチーーンと飛んできたビンタの嵐、鼻血が出るほど強烈だっがが、このさまを見届けている美人教師の手前、グッと涙を堪えて立っていたのも、プールサイドの掟といえようか。
でも、どうせなら、この美人教師にビート板で頭を軽くこつんと小突いて欲しかったな (ははははは)


おわり

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本